【登山記録】2017年8月・剱岳の大展望!快晴の立山でゆるテント泊【別山・奥大日岳】その2

【登山記録】2017年8月・剱岳の大展望!快晴の立山でゆるテント泊【別山・奥大日岳】その2
Pocket

こんにちは、りりです!

すっかり秋めいてきてしまいましたね。
今年の夏山は不完全燃焼だった・・って方も多いんじゃないでしょうか(;_;)
本当にお天気に恵まれず、妄想登山が捗る毎日でした。

空気が秋らしくなり、週末も連続で晴れてきました!
ここからは、どんどん装備が充実している人、経験が多い人向けの季節になってしまいますが、じゃんじゃん行けるときにお山を歩きたいですねー♡

 

さて、先日の立山ゆるテント泊山行の2日目の様子を今回はお届けします。

前回の1日目の記事はこちら。
【登山記録】2017年8月・絶景の連続!快晴の立山でゆるテント泊【別山・奥大日岳】

 

 

データ

山名 立山 最高峰大汝山3015m (富山県立山町)
日時 2017年8月26日(土)-27日(日)
天気 快晴
ルート 1日目:室堂〜雷鳥沢キャンプ場 2日目:雷鳥沢〜奥大日岳〜別山〜雷鳥沢〜室堂
登山口 室堂ターミナル
トイレ 室堂、各山小屋、雷鳥沢キャンプ場
水場 室堂(玉殿湧水)、各山小屋(購入)、雷鳥沢キャンプ場(要煮沸)
食事 室堂、各山小屋

 

 

立山にはたくさんの宿や温泉、山小屋があります。室堂から雄山方面、雷鳥沢や別山方面に行かれる場合は以下の通り。

ホテル立山(室堂ターミナル隣接)
みくりが池温泉(雷鳥沢キャンプ場への道中、みくりが池のそば)
らいちょう温泉雷鳥荘(雷鳥沢キャンプ場への道中、地獄谷のそば)
雷鳥沢ヒュッテ(雷鳥沢キャンプ場から最寄り)
ロッジ立山連峰(雷鳥沢ヒュッテの向かい)
立山室堂山荘(雄山方面の道中)
一の越山荘(雄山方面の道中、雷鳥沢キャンプ場からのショートカット到着地)
内蔵助山荘(立山三山のさらに奥の真砂岳付近)
大日小屋(大日岳付近)
剱御前小屋(雷鳥沢キャンプ場から雷鳥坂を上り詰めたところ、剱岳への道中)

リゾートホテルから正直潔癖には厳しい年季の入った小屋まで各種あります♡w

小屋の売店や軽食もそれぞれなので、各リンク先で調べてみることをオススメします。

登山には必ず登山届を出し、地図を持ちましょう。

2日目、朝。

おはようございまーす!

8月末の週末でしたが、夜中は冷えました!5度くらいかな。
夏用シュラフで呑気に寝てましたが、夜中寒くて目が覚めてしまい、ダウンを着込んでシュラフカバーをしてまた寝ました。
(私の夏用シュラフはこちらをご参考に)

そのときに満天の星空も楽しみました♡
でも、私の腕ゆえあまりいいものが残せず・・リベンジだぁー!

さて、相方が体調悪くごろごろ寝てるよーとのこと。
私達は立山まですぐ来られるところに住んでいて今までも何度も来ているので、勿体無い!とかせっかく来たのに!という気持ちがゼロw

ということで、天気もいいし私だけさくっと朝ごはんを食べて、お昼に戻れるようにふらふら稜線散歩に行ってくることにしました。

大日岳方面へ

大日岳方面と別山方面へ散歩しようと決め、アタックザックに行動食と水分を詰めて出発!

テント場の奥から川を渡ってスタートです♡
なにせゆっくりのんびり朝を過ごしたので、下山してくる方がたくさん!

1日目に撮った写真で軽く説明すると・・

下に見えるテント場から背後にどーんと聳えるのが立山の主稜線。
黄色のラインの登山道を緩やかにあがって、左の方向に行くと奥大日岳や大日岳へと。
オレンジのライン(雷鳥坂)をぐんとあがって稜線の奥側へ行くと別山や剱岳へと。
ピンクの丸の部分に劔御前小舎があります。
右の方には一番メジャーな雄山、大汝山&富士の折立が繋がっています。

 

さて、話を戻して私のお散歩の様子。

川を渡っていざスタート♡

キラキラの日差しが降り注ぎ、気温もどんどん上昇します。

チングルマが大発生!可愛いなぁ。

あっというまに稜線上に出ました!

写真の方向に進むと奥大日岳、そしてその奥に大日岳があります。

あれ?あれって我らのホーム白山じゃない?
と見た瞬間に思ったけど、相方不在のため確認もできず。

うーんでも絶対方向的にも白山ぽいー♡
わーい白山!元気?私こっちまでお散歩来てるよー!

奥大日岳も別山もピークまで行ってみようと歩き出す私。

でも稜線乗って少し歩くうちに、どんどん気温があがってかなりの水分摂取になるなぁと思い始め・・でも小屋をアテにしていたのでそんなに水分も持ってきておらず、奥大日岳には小屋がないので往復して劔御前小舎まで行く分は足りないなぁー。

ということで、くるっと方向を変えて別山方面へ歩き出しました。

どうとでも歩けちゃうのが立山のいいところ♡

私みたいな自由なアテもない稜線散歩ができます♡

目指すは写真に僅かに見える剱御前小舎!

奥大日岳の向こうに富山の街並み。

テント場の方向に目をやると、ジオラマみたいで可愛い♡

いろんな小屋や室堂ターミナルも見えるし、奥にちょこんと頭を覗かせてるのは薬師岳じゃありませんかー♡

左のコブみたいなピークのところは、室堂山、浄土山、龍王岳かな。

ちょっとズーム!!

九十九折りのトレイルをくねくねと歩いていきます。

すれ違った方みんなが「雷鳥がいましたよー!」と。
私は雷鳥運がなく、この3年で2度しか遭遇したことありませんw
今回もこんなにもう晴れてしまったから会えないだろうなーと思ってたら、その通りでしたw

ぐんぐん標高をあげ、奥大日岳と同じ目線に♡

さっきの室堂山、浄土山、龍王岳と雄山、大汝山、富士の折立の間の部分、一ノ越のところにみんなが大好きなトンガリが!!!

槍と穂高ではありませんか♡

想像してたサイズと違う大きさで見えましたw

遠いようで近いようで、でも歩くとなるとやっぱり遠いけど、ひたすら歩き続ければ到着できる。山ってそうだよね、と思う。

ズーム!!

この日は24時間テレビの企画でイモトが義足の少女と槍ヶ岳登頂!の企画をまさにやってたので、がんばれー♡と応援!

あそこでイモトがいるんだなー!

天気良くてあれこれ丸見えでとっても嬉しい!

剱岳と劔御前小舎

楽しく周りに見える山たちを見ながら歩いてたら、あっという間に劔御前小舎に到着しました!

小屋の背後にはコブが連なって、別山まで繋がっています。

そして、この左手に進むと・・・

じゃーん!

最高の展望が待ってます!!!

左側が剱岳。奥には後立山連峰、さらに奥には火打山かな?丸見えです♡

8月の最終週、雪が残ってます。
右に八ツ峰をごつごつと従えて、うん、イケメンすぎますね。

この景色の前にあった看板。

右に目をやると別山。

飲み物を買おうと劔御前小舎にお邪魔しました。

少数精鋭が並んでる感じです。

ペットボトルの飲み物は500円。

変わりダネはなく、シンプルで昔ながらの感じの渋い小屋

むしろ、通過時に昼ご飯を求めてもカレーしかありません。
いや、カレーいただけるだけ有難いんだけどね。
最近のオシャレ小屋がすごすぎるだけ♡

別山へ

十分に剱ビューを堪能し、小屋の裏側から別山方面へ歩き出します。

もっこりゆるい気持ちいい稜線♡

ずっと左側に剱を見ながらの天空散歩です♡

振り返るとこんな感じ。

この谷落ちてるところに劔御前小舎があります。

もうちょっと登って振り返ると奥大日岳も大日岳も見えて来ます♡おおおおー!

全然きつくもなく、歩きやすく、本当に天国トレイル。

進行方向右に目を向けると内蔵助山荘が見えました!
わかります?

左側、剱も正面からばーん!って感じになりました。

手前のテント場の部分は劔沢キャンプ場剱澤小屋、もうちょっと先にあるのが剣山荘です。

こちら側から剱岳に登るときのルートがはっきり見渡せますね♡

私は馬場島から早月尾根ルートで日帰りでしか行ったことがないので、いつか混んでない時期の平日にでも、こちらからも行ってみたいなとも思います♡

人が入るとリアルな感じがして好き♡

黒部ものんびり歩きたいなぁ〜。
あのちょびピークは笠ヶ岳かなぁ〜。

そして、絶対白山!と思っていたあの山、やっぱり白山!w

ずっと雲に浮かんだように見えてて、嬉しくてつい歩いてたおじさまに写真をお願いしちゃいました♡

薬師岳雷鳥沢テント場地獄谷鍬崎山やなんか色々見えて贅沢な景色♡

私のテントも見えちゃいます!すごいなぁ♡

あまりに天気が良くて、夢のような景色で・・。
別山ピークちょっと手前のここ、剱鑑賞の特等席で30分ほど、ポーッとしていました。

気ままに好きなところで歩みを止められるのもソロ歩きの特権ですね♡

でも・・きれいだね、気持ちいいね、あれはあの山かな?とか言える相手がいないのって、やっぱり寂しすぎる!!!

ひとりってやっぱり、つまんない

自分と向き合うソロ山行はもっときつくて修行みたいなところでいいや。

無性に寂しくなって来て、

とーーっても小さく見えるテントでゴロゴロしてる相方にこの剱の美しい姿の写真を早く見せたくなっちゃいました!

 

戻ろう!

 

上から見た劔御前小舎。

そして、剱御前小舎からほぼ直下にのびる雷鳥坂を下ってテント場に戻ります。

雷鳥坂はキツイ!って他の方から聞いてたけど、初めは確かに登るには少し急かなぁと思ったけど、すぐに気持ち良い道に。

どんどんテント場が近くなってきて嬉しい♡

アタックザックの私は身軽なので、40分ほどで雷鳥沢キャンプ場へ!

撤収&帰り道

テントに戻ると気持ち良さそうにゴロゴロしてる相方w

さっとアルファ米のまぜご飯を2人でわけっこして食べて、撤収!

またのんびりしに来るぜー!

立山は帰り道も最高に楽しめるのがいいところですよねー♡

至る所で美味しい誘惑が♡

今回は、まずみくりが池温泉でソフトクリーム

みくりが池温泉はオシャレ喫茶メニューが豊富♡
とても綺麗な温泉もあるし、標高2000m超えの地とは思えないですよねw

さすが一大山岳リゾート地!

みくりが池温泉付近からは一般の観光客の方がたくさんで、そこに大きなザックを申し訳なさそうに避けながら進むことになります。

一瞬で2人でぺろり♡

そして、観光客の方の隙間を縫って歩き、室堂ターミナルに到着!

お昼も超えてるのにくっきり稜線が見えます!
この夏一番の天気だって、スタッフの方がおっしゃってました。

そして、待ちに待ったご馳走♡

ホテル立山のカレーを食べて今回のゆるテント泊はフィニッシュです!!!

日本一標高の高いところにあるリゾートホテル。

ここの名水コーヒーカレーは必ず食べます♡
カレーは遅い時間は終わってしまうので時間に気をつけてくださいね。

 

まとめ

天気に恵まれなかった今年の夏山も、この夏一番の晴天と言われる日に山でテント泊で過ごせて本当によかったです♡

しかも、まったく汗かくことがないような、ゆるーい贅沢な時間の使い方をしました!

1年目、2年目はチャレンジ的な要素のハードな山行ばかりをしてきたので、今年はこんな感じでゆるゆるとしたまま終えてもいいかなw

 

日本で有数の絶景の中、時間に追われず、歩きたいだけ気分で歩く・・そんな幸せで贅沢な山行でした。

 

以上、りりでした!