【登山記録】2017年8月・絶景の連続!快晴の立山でゆるテント泊【別山・奥大日岳】

【登山記録】2017年8月・絶景の連続!快晴の立山でゆるテント泊【別山・奥大日岳】
Pocket

こんにちは、リリです!

先日、快晴の中立山でのんびり山歩きをしてきました。
それはそれは、久しぶりに蒼く晴れ渡り、とっても気持ちいい2日間でした♡

今回は、雄山をはじめとする三山を巡るとか、剱岳に登頂するとか、そういうことはもう既にしたのであてもなく、ゆるーく早起きとかもせずに稜線散歩がしたいなぁと思って向かいました。

そう、私、白山のお膝元に住んでいるので、立山も近いんです( ´ ▽ ` )ノ
なので、こんな贅沢な時間の使い方ができるのであります♡

立山って、色んな山が集まってて、あちこち色んなルートで繋がっているので、時間や体力に合わせて自由に組み合わせて山行計画を立てられます。

しかも、ロープウェイやバスに乗って標高2420mまで連れてきてもらえる。

さらに、雷鳥沢テント場までは下り基調でたった1時間ほどで到着。

なので、テント泊デビューに最適!だし、立山には一度行って、雄山and大汝山and富士の折立は行ったよー!って方も他の楽しみ方ができます♡

時間に追われることなく、山をめいっぱい感じながら、のんびりできて最高だった今回の山行、はじまりはじまり〜。

データ

山名 立山 最高峰大汝山3015m (富山県立山町)
日時 2017年8月26日(土)-27日(日)
天気 快晴
ルート 1日目:室堂〜雷鳥沢キャンプ場 2日目:雷鳥沢〜奥大日岳〜別山〜雷鳥沢〜室堂
登山口 室堂ターミナル
トイレ 室堂、各山小屋、雷鳥沢キャンプ場
水場 室堂(玉殿湧水)、各山小屋(購入)、雷鳥沢キャンプ場(要煮沸)
食事 室堂、各山小屋

 

 

立山にはたくさんの宿や温泉、山小屋があります。
室堂から雄山方面、雷鳥沢や別山方面に行かれる場合は以下の通り。

ホテル立山(室堂ターミナル隣接)
みくりが池温泉(雷鳥沢キャンプ場への道中、みくりが池のそば)
らいちょう温泉雷鳥荘(雷鳥沢キャンプ場への道中、地獄谷のそば)
雷鳥沢ヒュッテ(雷鳥沢キャンプ場から最寄り)
ロッジ立山連峰(雷鳥沢ヒュッテの向かい)
立山室堂山荘(雄山方面の道中)
一の越山荘(雄山方面の道中、雷鳥沢キャンプ場からのショートカット到着地)
内蔵助山荘(立山三山のさらに奥の真砂岳付近)
大日小屋(大日岳付近)
剱御前小屋(雷鳥沢キャンプ場から雷鳥坂を上り詰めたところ、剱岳への道中)

リゾートホテルから正直潔癖には厳しい年季の入った小屋まで各種あります♡w

小屋の売店や軽食もそれぞれなので、各リンク先で調べてみることをオススメします。

登山には必ず登山届を出し、地図を持ちましょう。
私はこの剱・立山の地図なぜか3つも持ってますw

立山駅から室堂ターミナル

今回は、のんびりあてもない山歩きなので出発ものんびり♡

あぁ、楽!

でも久々の快晴と残り少ない夏山シーズンということで駐車場がありえないコトになってましたw

こりゃ始発狙いの人たちの根性に勝てないや・・
最近すっかり楽チンなことばっかり考えてますw

これが立山駅の向かいにある最寄りの駐車場です。
ここは駐車帯以外にもガンガン縦列とかして詰めてますし、とっても通行できる部分が狭いので運転技術に自信のない方は気をつけてくださいね♡
ここが満車なら、裏にある川沿いなどに順にまわされます。

私たちはのんびり来た(お昼の12時)ゆえに、ちょうど下山してきた方を見つけ、その方の後に止めさせてもらうことが出来ました!

これが立山駅。
ここから立山黒部アルペンルートというロープウェイと高原バスに乗って、1時間かけて標高2420mの立山の室堂に向かいます。
往復大人ひとり4,310円。

関東側の方は扇沢というところから、立山の室堂にアクセスします。
立山駅からの方が乗り物1つ少ないし安いです(扇沢⇄室堂は9,050円‼︎)、でも関東の方にはぐるっと回ってここまで来るのも大変ですよね。

ここでチケットを買います。

私たち石川県民は何故か2割引で乗り物に乗れるということで、ラッキーでした!

キャンペーンの紙に記入して持参するという案内だったんですが、特に何も持参しなくても免許証など住所が示せるものがあればオッケーでした。

立山室堂までのロープウェイ&高原バス代、結構しますもんね!2割引は有難いです。

8月いっぱいまでのキャンペーンだったんですが、去年も行われていたので来年もやるかもです!富山県民も同じく地元なので2割引らしいので、来年の夏山の際には是非とも立山黒部アルペンルートのHPなどでチェックしてみてください♡

駅には大きな売店やお蕎麦などが食べられる食堂もあります。

ここに登山地図や細かい登山道具も売っているので、忘れてもゲットできます♡

始発は大行列で大きなテント泊ザックの人も沢山いるけど、もうこの時間は、まばら。

さてさて、まずはこのロープウェイに乗って美女平というところまで運ばれます。

一気に標高をあげます。
パンパンにいっぱいな時は、この荷台に大きなザックなどを載せます。

このロープウェイの詳しい説明はこちらで。
お子さんにも分かりやすくって、いいですねー♡

お次は美女平から大きな観光バスに乗り換えます。

人の流れに付いていけば迷うコトもありませんし、スタッフの方もたくさんいます。

初めての方はバスは進行方向に座るといいかもしれません♡

森の巨人(立山杉)や日本一の落差(350m)の称名滝が左側に見えます。
運転手さんがゆっくりみられるように徐行してくださいます。

うとうとしながらバスに揺られ、室堂ターミナルが見えてきました!

おりてすぐに登山届を提出する窓口があります。
結構ひとりひとりチェックされるので、丁寧に書きましょう。

 

ここにもたくさんの売店があります。

ペットボトルの飲み物とかおやきなんかも売ってるので、おやつに購入してもいいかも♡

情報にもきちんと目を通して、お外に出ます!

 

室堂ターミナルから雷鳥沢キャンプ場

うわー♡
まず、稜線くっきり見えててよかった!!

そしてすごい人!

すぐそばに玉殿湧水があるので、いつもここで水を汲みます。

私は湧水とか水場のものはほぼ口にしないタイプですが、ここのお水は美味しいしお腹にも安心。このままペットボトルで売ってるくらいですからね!

よーし、観光客の方々の邪魔にならないように、そそくさと出発します!
ターミナルから出て左方向に進みます。

まず迎えてくれたのがチングルマの毛の大群♡

みくりが池までは観光客の方々で大変な混み合いです。

まだ雪残ってますね、超広角レンズが欲しい・・♡
奥に見えるのがみくりが池温泉

温泉、宿、軽食などなんでも来いの万能小屋!あ、温泉宿?

みなさん散策を楽しまれてますねー♡
外国の方もたくさーん!

ちなみにこれ、去年の11月初めの同じ場所。

11月には早くもこんな真っ白けーになります!
この日はワカンを履いてモフモフと雪遊びをしてきました。

話を戻して、もう少し進むと地獄谷が見えてきます。

この日はさほどでもなかったけど、風向きなどによって強烈な毒ガスに晒されます。
ひどい日は本当に目もやられるし、タオルを濡らして口に当てて通過しなければいけません。

新しく出来た、火山ガス監視ステーション。

地獄ですねー。植物が生きられません。

正面のお山の稜線右端に雄山の神社が見えます!
そして続く稜線。

初めて立山に登山に来られる際は、この雄山を目指し、そこから続く稜線を大汝山富士の折立と歩き、戻ってくるのが王道。
その稜線がくっきり見えますね♡

少し足に自信のある方は、ピストンせずに大走りというルートから雷鳥沢キャンプ場の方におりると立山を軽く一周り出来て満足度が高いです♡
その際は地図を見てコースタイムを計算し、立山黒部アルペンルートの時間を調べて、間に合うように気をつけましょう。

 

とっても歩きやすい道。でも狭いからすれ違いに注意です。

ドラゴンボールのなんでしたっけ、あの天国の道みたいw

歩いてると足元に現れる、血の池
綺麗だけど、名前のせいで不気味。
山岳信仰において地獄の山とされていたから、仕方ないね。

他の登山者さんのシルエットが大好物♡
本当は、私がそこにいて誰かに撮ってもらいたいんだけどw

奥大日岳や大日岳を遠くに見ながら

修験の方達とすれ違い

そしてついに!
室堂から1時間弱歩くとこんな景色があらわれます!

あのカラフルなテント村が今日の寝るところ、雷鳥沢キャンプ場です。

 

雷鳥沢キャンプ場

立山に抱かれた素敵な場所に雷鳥沢キャンプ場はあります♡

てくてくおりていくと、小屋が2つ。
白い方が雷鳥沢ヒュッテ、右のがロッジ立山連峰です。

お風呂に入りたいとか、ジュースやビールが買いたいとか、そんな用事に役立ちます!

テント場は思ったより混んでない!ラッキー♡

真ん中に管理所があるので、受付をします。

ひとり1泊500円。まだ安いですね♡
トイレも水道もここにあります。水道は要煮沸。

はじっこに我が家を建設。

ロッジ立山連峰

ジュース買いにロッジ立山連峰までお散歩に行ってきたので、ちょっと詳しく。

かなり年季入ってます!

お風呂はこんな案内。
タオルも販売してくれているので、ふと入ろうかなって気分になったときにも有難いですね♡

中はこんな感じ。渋い。

手ぬぐい、バンダナはこんな柄。
左下の曼荼羅の柄も売ってるのかな。

メニューはこちら。

新室堂乗越まで散歩

その後、夕飯まで時間があったのでお散歩。

奥大日岳とその奥の大日岳に向かうのに最短距離で稜線にあがれる、新室堂乗越まで行ってきました。

川を渡って、

びちょびちょゾーンをつま先で歩いて

こんな木道の気持ちいいところへ出ました!

ハクサンイチゲさんかい?

チングルマロード!

振り返ると、テント場が♡

日が暮れてきたし、お腹もペコペコになったので戻りました。

そして夕方の素晴らしい色!!
ショータイム!!

有難い♡

これ見るだけで来てよかったよ♡

どんどん赤くなっていって・・

反対側を見るとこんな色!!!

シルエットでも私嬉しそうなのがわかる♡

同じような写真撮りまくってましたね。それくらい美しくて、嬉しくて、きゅんとするサンセットタイムでした。

 

まとめ

いかがでしたか?♡

誰かにもしかしたら、どこかの情報が役にたてて頂けるかも!とまたまた長くなってしまいましたw

最高のお天気に恵まれた立山でののんびり山歩き。

翌日も、最高!!!でした♡

次の記事にてよろしくお願いします( ´ ▽ ` )

 

以上、リリでした!