【登山記録】2017年1月・厳冬期赤岳日帰り挑むもある理由で撤退

【登山記録】2017年1月・厳冬期赤岳日帰り挑むもある理由で撤退
Pocket

木々の間から阿弥陀さま!

 

厳冬期の赤岳に挑戦し撤退しましたー笑

今年から雪山登りを始め、アイゼンもピッケルもまだまだピカピカだった私。
西穂高岳や伊吹山、天狗岳などをこなし、気をつけて登れば行けるかもね〜ってことで一般雪山登山のメインディッシュ? 赤岳に行くことに。
小屋には泊まらないタイプなので日帰りで挑みます。
赤岳に行くのは2度目、前回は前の年に日帰りで阿弥陀岳から縦走しました。

赤岳
標高:2899m
場所:長野県南佐久郡 八ヶ岳国定公園
みどころ:八ヶ岳最高峰からの展望 縦走などアレンジ自在 夏場の樹林帯の苔の森

 

ふわふわの霜柱♡

スタート

冬場の赤岳は、夏場と違って美濃戸の山道が通れない!ここがとっても重要ですよね。
スタッドレスタイヤ+四駆+チェーン装着で挑めるらしいです。
ここを車で行くと40分ほどぶん楽できます。
私たちは途中でスタックしたら超迷惑をかけるので、そもそも最初から八ヶ岳山荘前に駐車。朝の6:30。

この日、そもそも茅野のホテルで前泊してたんですが朝起きて外へ出ると車がバキバキに凍ってて笑
車の外気温もー16℃とかで笑
その気温で標高あげるのでとっても寒いに決まってます。
この日天気はとっても良かったけど、その代わりとっても寒かったんです。

さて、だんだん空の色が変わってくるのを楽しみながら普段の登山口まで急ぎます。
人気の八ヶ岳さんです、トレースはばっちり。

そして八ヶ岳の看板と記念写真を撮って水分少し採って改めて出発
私たちは行者小屋経由の文三郎尾根という南沢ルートを選びました。
(赤岳鉱泉経由の地蔵尾根で行く北沢ルートもあります♫どちらもスタートは美濃戸山荘のところです)

雪の時期は歩きやすい〜!でもアイゼンが重いのでそんなにスピードが出ない〜!
ひたすら緩やかな樹林帯を歩いて阿弥陀岳がどーんと見えてきました。
わぁー!ってテンションあがりまくります!
しかし、寒すぎる!!!−20℃は余裕で超えてる
そこそこお金もかけて装備も充分なはずなのにめちゃくちゃ寒い、むしろ痛いです。

そして

歩いていても末端がどんどんヒリヒリしてきて
雪山あるあるですが髪の毛も凍って鼻の中も凍ってくるのが分かりました。
八ヶ岳は冬に日によってありえない気温を叩き出すそうなのでちょうどこの日は極寒だったと思います。

だって…
だって…
同行者の彼がギブ!と言い出したんですから!!!!
NO!!!

私が登山を始めてから初めてのことでした。
私に登山を教えてくれた大先輩が、ギブアップって!
どんなときも私より体力があって、健脚で、色んな山のデータが頭に入ってて、しんどさMAXのときは励ましてくれて、捻挫したりすると手当をしてくれる、絶対的な山の師匠がギブアップだと…?
私は一瞬固まりましたがすぐに

うん!戻ろう!

って返事しました。
だって彼がそんな事言うなんてよっぽどだと思ったから。
正直私たちにとって八ヶ岳は北アルプス行くより全然遠いし、今回ホテルに前泊もしてるし、勿体無い…なんて一瞬よぎりましたけどね笑

朝の光に輝く赤岳

さぁさぁ元気に帰りましょ!

撤退なんて彼も悔しいだろうなー!責めちゃだめだね、楽しく行こう!と切り替えて、踵を翻し来た道を戻りました。
途中、撤退の理由をそれとなく聞いたら
「寒すぎて命の危機を感じた、俺の装備じゃ無理!」とのこと。
うーん彼はボトムが弱かったかなー確かに。
そして私もちゃんとした装備のつもりだったけど少し気が遠くなってたというか頭があんまり回らない感じしましたもん。
でも、それに気づいたのは引き返して気温が上がってから。
なるほど、その状況の中黙々と登ってると自分が寒さにぼーっとしてるのわからないんですね。

気温が低すぎるときはまだ雪山初心者の我々は無理!ってことがわかりました。
というか彼が寒さに弱いのか?いつも薄着なのに。いや、我慢とか根性の問題?
そういえば、植物や池とか沢が見られない雪山ってそんな好きじゃないんだよねーって言ってたし笑
彼にとっては、こんなに痛い辛い思いしてまで雪の中を登る価値が見出せなかったのかもです。
私たち雪国生まれ雪国育ちですし、そんなに雪ってものにテンションあがらないのかも。
むしろ闘うべき相手!みたいなw

帰り道 振り返ると八ヶ岳

まぁ、私は四季を問わず山を歩いて居たいのでまた懲りずに誘ってみます♫
ダメなら他の山仲間でも誘おう!

帰りはすっかり元気になって
この日初めて出た?諏訪湖の御神渡り見に行ったりわかさぎ料理食べたりして楽しく地元に帰りました。

以上、赤岳撤退記録wでした。