【登山記録】2017年5月・北信五岳の斑尾山をトレッキングしてきました【初心者おすすめ】

【登山記録】2017年5月・北信五岳の斑尾山をトレッキングしてきました【初心者おすすめ】
Pocket

斑尾山と眺望を求めて隣の大明神岳にお手軽登山してきました!
北信五岳の中でダントツにチビっこの斑尾山。
(北信五岳(ほくしんごがく)は長野県北信地方の主に長野盆地から望める、妙高山、斑尾山、黒姫山 、戸隠山、飯縄山の5つの山の総称。)

うさぎ追いしかの山〜♫(ふるさと) の、かの山なんですね。

新緑眩しく、気持ちいい時間になりました( ´∀`)

 

天気が良ければ、大明神岳から野尻湖や北信五岳の他の山たちが見渡せる、素晴らしい眺望ありとのことでしたが…いかに!!

 

データ

山名 斑尾山 1382m (長野県飯山市)
日時 2017年5月27日(土)
天気 晴れ
ルート まだらおの湯〜斑尾山〜大明神岳ピストン
登山口 斑尾大池口(まだらおの湯)
他にも斑尾高原、古池、万坂峠からも登山道あり
トイレ まだらおの湯
水場 まだらおの湯
食事 まだらおの湯 近くにお蕎麦屋さん

 

まだらおの湯の第2駐車場に車を停めさせてもらいましょう。

豊田飯山ICを降りるとすぐに【まだらおの湯】へ向かう看板が出ているので、従って向かうと到着できます。

ナビをセットする場合は、【まだらおの湯】もしくは【斑尾高原保健休養センター】で検索。

登山の際は地図を携帯しましょう‼︎

 

 

まだらおの湯から斑尾山山頂

今回の駐車場&登山口となる、まだらおの湯

とっても綺麗な温泉施設です。

下山後移動することなく、即温泉に入れるなんて最高ですねー♡

 

正面に向かって左手にまわるとこんな感じ、ここからスタートです!

広場とアスレチックがあるのでそこを右奥に進んでいきます。

山の方へ入っていきましょう。

看板に従って山へと入ります。

5〜10分ほどで一旦車道へ出ますが、そこで左折してしばらく車道を歩きましょう。
すると右手に再び登山道と看板がありますので、そこを登ります。

季節ごとに色んなお花が楽しめそうな感じ。

気持ちいい、みどりのトンネル。トトロいるかな。

トトロじゃなくて虫はたくさんいました。

そして暑い!こりゃ夏場は厳しそう!

そしてすぐに急登

むしろずっとこの状態。エンドレス。

写真じゃ急登具合が分かりづらいのは山あるあるでしょうか。

公園の滑り台に落ち葉を敷き詰めて、その上をひたすら歩く感じです。笑。

木の根もそんなに露出していなくって、大きな岩もないので、足をひっかけるところがあまりなく滑る滑る。

あちこちにスミレがたくさん咲いていました。このトレイル唯一の癒しになりました。

暑くて滑って虫ぶんぶんで、永遠に続く急登。

まっすぐまっすぐひたすら上に登りつめるので、気持ち的にきついです。

急登を登り切ると幻想的な雰囲気になってました。

白樺が可愛いですね!

しかし眺望は望めないと悟り、心が折れます笑

そして、広くなった?と思ったら山頂標識とご対面!

事前に調べていて2時間弱で山頂というイメージでいましたが、私たちは1時間で到着しました。

 

 

斑尾山山頂から大明神岳山頂

ここからは何も見えないので、大明神岳の方向へ移動します。

看板があるので、迷わないと思います!

横移動で大明神岳へ。

ガスってなかったらどんな感じなのかな。

じゃん!

大明神岳山頂へ到着。
斑尾山頂から10分もかかりません。

到着したときは野尻湖が辛うじて見えました!

もっとガスよ動いておくれー!の願いも虚しく、この後真っ白になりました笑

 

 

下山とまとめ

サクッと登れる割にはナイスビューな斑尾山!
・・・まぁ私はあまり味わえませんでしたが。笑。

この日は土曜日でしたが、出会った人は3人でした!

とにかく虫がすごくて、頭に被る虫除けネットを着けようか迷いました。

下りは、登りの急登部分が滑る上に足をかける所がないので、転倒にご注意を

同行者は前にも登ったことがあり斑尾よかったよー!って言ってたので、きっとガスってなければもっと満足感高かったのかな。

他のルートもたくさんあるので、次回は他のルートから登ってみようかなと思います。

 

 

この後私たちは翌日の谷川岳登山を目指して再び移動しました。
結果、谷川岳には登らなかったんですけど笑

関連記事はこちら↓

 

 

以上、りりでした!