【登山記録】2017年7月・開山1300年の白山へ!地元山ガールが徹底解説します!【日帰り完全版】

【登山記録】2017年7月・開山1300年の白山へ!地元山ガールが徹底解説します!【日帰り完全版】
Pocket

こんにちは!リリです。

今年は泰澄が白山を開山して1300年。
富士山&立山と並び、日本三名山かつ日本三霊山として、また日本百名山かつ花の百名山として、多くの人に愛され続け、深い信仰の対象となっている白山

私は白山の麓で育ち、一年を通じ白山に毎年何度も登ってきました。
こんな身近にこんな素晴らしい山があることに感謝♡

 

でも!!!
身近すぎて、今年まだ登ってませんでした!!w

いかんいかん、いつでも天気狙って行けるしーと思っていたらもうこんなに経ってしまっていました。遠征ばっかりで海外の山まで登ったりしていたら、もう7月です(・_・;

1300年効果で、今年は白山もとっても賑わっているそうな。沢山プロモーションもしていてイベントも組んで、役場も張り切っている感じが伝わります!

先日、やっと登ってきましたので、詳細に写真たくさんでご紹介

今年は1300年記念だから、せっかくなら白山まで遠征登山しようかな?って方にも、そもそも普段山登らないけど、1300年なら記念に登山してみよっかな?って方にも、出来るだけ分かりやすく数え切れないほど白山に登っている地元の私が、白山を徹底解説します!




白山って

我々加賀国の一宮でもある白山。

加賀国を見守ってくださる御神体です。山頂には奥宮があり、みんなが登ってお参りできるわけではないので、その末社として麓の町に通常の一宮として白山比咩神社があります。

岐阜にもまたがっていて、岐阜からの平瀬道をはじめ沢山のルートが存在します。

一般的でよく利用されるのが石川県白山市旧白峰村の別当出合登山口

ここから砂防新道観光新道という2つのルートがあり、山頂(御前峰)まで繋がっています。

 

マイカー規制

夏山シーズンの週末にはマイカー規制があって、別当出合までは直接車では行けません
手前の市ノ瀬ビジターセンターにある大きな駐車場(約750台)に車を停めて、北鉄バスに乗って登山口へと向かいます。

逆に言うと、平日なら登山口のそばまで車で行けます!
なので可能ならば、平日を狙うのがオススメです。

また、シーズンオフ中は通行禁止になるので、市ノ瀬ビジターセンターから別当出合まで自転車なり徒歩なりで自力で向かうことになり、なかなかハード。バスで25分の勾配のある林道を歩くのです。

そして別当出合の登山口から砂防新道へ向かうルートは大きな吊り橋を渡ることから始まりますが、その踏み板が外されているので、骨組みだけの吊り橋をヒヤヒヤしながら渡ることになります。
実際そうして積雪期の白山を登っておられる猛者もたくさんいらっしゃいますw

ちなみに、今年のバス運行表はこちら

なんだか例年より、マイカー規制日が多い気が・・。

日曜に登って一泊しても月曜には帰り用のバスだけ出ているので安心です。ただ、15:30までなので下山時刻にご注意を。

 

データ

 

山名 白山 2702m (石川県白山市、岐阜県白川村)
日時 2017年7月21日(金)
天気 晴れ(猛暑日)&ガス
ルート 別当出合〜砂防新道〜エコーライン〜御前峰
登山口 別当出合
トイレ 別当出合、中飯場、甚之助小屋、室堂(市ノ瀬ビジターセンターも)
水場 別当出合、中飯場、甚之助小屋、室堂
食事 室堂

 

他、別当出合からは他にも観光新道があります。
砂防新道も、通常の最短ルートの他にエコーラインやトンビ岩コースなどがあります。

今回はエコーライン経由での山行です。

登山をする際には必ず地図を持ちましょう!

 

車でのアクセス、最後のコンビニなど

車で向かうときは、北陸自動車道【白山IC】でおり、白山公園線へ。高速をおりてからも1時間半かかるとみておいたほうがいいです。

週末に向かうときに駐車場となる、市ノ瀬ビジターセンターは以下の地図の場所。
別当出合へはここからまっすぐ、林道1本道です。

最後のコンビニはかなり手前です!!

このセブンイレブンの向かいにローソンもあります。お好きな方をどうぞ♡
以前はもう少し先の旧吉野谷村にも1件ありましたが、現在廃業していますので、古いブログなどをご覧の方はお気をつけください!

登山口の別当出合

別当出合(べっとうであい)の駐車場です。

そもそも200台停められるように広くアスファルトで作ってあり、溢れると順に路肩に停める形になります。市ノ瀬まで戻らなければいけない訳ではないのでご安心を。

そして、今年は整備のおじちゃんが数人います!平日なのに!すごい!

なので、おじちゃんの言うことを聞いて、指示された場所に駐車します。

私たちは余裕の遅スタートで、別当出合に到着したのは8時w
ものすごい車の数に唖然!!例年とは違う雰囲気ぷんぷんで、平日なのに余裕で路肩でしたw

こりゃ、なんだかいつもの白山と思っちゃいけない感じです。

 

少し歩くと別当出合登山口の建物に到着。

ここには紙付き水洗トイレもありますし、ビールまで売ってる自販機がある建物もあります。

でもビールやコーラなどは人気で売り切れのタイミングもあるのでご注意を。大きな自販機が3台くらいあります。ビールはアサヒスーパードライだったかな。
いつも下山後に冷たいものを飲むために寄るんですが、出発時の早い時間はその建物は閉まってるような・・。登山前の調達はアテにしない方がいいかもです。

こんな感じの登山口となっている別当出合休憩舎。
天気予報や注意事項、気温など黒板に書いてありますが、昨日のデータでしたw

この中に、登山届を提出するところがありますので、必ず提出しましょう。

今年から、石川県の条例で義務化されました。

登山届ポストのようす。バインダーやインクのペンが準備されていて、便利です。

そしてこちら!!

今年限定のタスキです。

登山届ポストの横にあります。
登る前にマジックで日付と名前を書いて、タスキをかけて登り、下山したらまたこの場所に返します。

1300年記念のイベントの1つです。私が登ったときには1本あたり10人前後の名前が書いてあった感じ。もちろん参加してタスキをかけて登りました!

写真に収めてないんですが、【2019.07.22 Lily♡】と書きました。

ハイ・・日付全然違ーーーーう!w

手にとったタスキが1人目の方から2019と書いてあって、何も違和感なくしなっと釣られて書きましたw
しかも日付も1日間違えてるしw
未来から来たみたいです・・わたしw

お決まりのここで記念撮影、からの奥の吊り橋を渡ってスタートです!

 

 

別当出合から中飯場

 

さて、蒸し蒸しする中歩き出します。

写真に映る大きな男性、こちらが本日の相方。近所の山仲間です。

この吊り橋、かなりの高さ&長さなんですが、これを冬場登る方は板なしで渡るなんて・・絶対に真似できない芸当です。とかいって次の冬渡ってたりしてw

ちなみに観光新道で登られる方は、この吊り橋は渡らず、手前を左に進みます。お間違えなきよう。

はじめはとても綺麗に整備された石段の階段状になったところを登ったり、いかにもといった樹林帯のなだらかなトレイルを歩いたりします。

初めからいきなり息があがる感じです。初めはゆっくりめに意識して登った方がいいかも。

また、白山には見やすい上の写真のような標識が色んな所に立てられています。
室堂まで何㎞、別当出合まで何㎞など詳しく書かれています。

最近めっきり運動不足の私、動くといえば山行だけで、歩き始めてすぐに息が切れ、汗がだらだら流れます。あぁ情けない。

相方は、私の去年や一昨年のハードな山行の話を知っているので、あれ?別人?といった感じで驚いてました。

2週間も山登ってないとあっという間に全く登れなくなります。デスクワークの人はどうやってキープしてるんだろう・・?

 

別当出合から30〜40分ほどで【中飯場(なかはんば)】というところに到着します。
山と高原地図では50分と書かれています。

トイレと水場、木のベンチがある広場です。

この石段を進みます。

秋にはこの写真の光景が綺麗に紅葉します!なんとなく好きな場所です。

ちなみに昔の写真を引っ張り出すと・・

こんな感じ。
あ、標識が新しくなってますね♡

中飯場から甚之助小屋

さて!新しい標識にはここまで1.5㎞歩いてきたと書いてあります。あとこれを3回分歩くと室堂か・・とあまり意味のないことを考えながら出発です。

少し登る部分もありますが、なだらかな道も多い中飯場〜甚之助小屋間。

ただ、中飯場があっという間に着くので甚之助小屋までは長く感じてしまいます。

少しずつ、白山のお隣の渋イケメン山【別山】が顔を覗かせ、お花もちらほら見られるようになってくるので、それをモチベーションに歩きます。

開けた休憩ポイントが見えてきたら、もう甚之助小屋はすぐそこです!

両側に黄色のお花が咲いてフラワーロード♡

テンションがあがりますね!季節が違えば違う色♡だから何度でも通いたくなります♡

はい!甚之助避難小屋に到着しました!
地図に記載されているコースタイムは中飯場から1時間半です。

こちら大盛況!こんなに甚之助に人がいるの初めて見ましたよーw
平日ですよ?すごいなぁ。

ここは、数年前に建て直しされたばかりなのでとっても綺麗です。

トイレと室内の避難小屋兼休憩所があります。

この写真の向かいにはテーブル席が3つあります。

ここからは別山の全景が見えます!えっと・・綺麗にガスで隠れていましたw

綺麗に別山が見えた過去の山行の写真を引っ張り出してみると

こんな感じ。撮ったのが秋なので空も秋の感じがしますねー。

甚之助小屋を越えてもすぐに広場があって、たくさんのベンチがあります!

甚之助小屋が人いっぱいな時は、こっちもチェックしてみるのがオススメです。

今回は、ここもいっぱいでしたけどw

 

南竜分岐からエコーライン

こんな滝を越えて

しばらく歩くと南竜分岐に到着します!

ここは左に登ると砂防新道の通常ルート。別当出合から室堂&白山山頂までの最短ルートです。

まっすぐ行くとテント場がある南竜が馬場へ向かうことになります。

また、夢のようなお花畑歩きが出来るちょっとした回り道のエコーライン、トンビ岩という岩を通るトンビ岩コースなどもこっちです。

エコーラインやトンビ岩コースは回り道しながらも最終的に合流するルートですので、お時間に余裕がある方、高山植物を楽しみたい方にはオススメです。

私たちはお花畑の中をのんびり歩けるエコーラインが大好きなので、迷わずまっすぐ進みます。

すれ違いがちょっと大変な、細いトレイル。

ほぼ平坦な横移動で、両脇には可愛いお花が咲き乱れています!

出会ったお花は記事の最後で一挙にご紹介します♡

ふと右を見ると甚之助避難小屋の屋根。

もっこりした山肌と緑。そこに咲く色んな種類の高山植物。
あぁ、ここが白山のいいところ♡

ヘリがひっきりなしに往復して荷揚げをしていました。

南竜にかな〜?と思ってみてましたが・・

この工事のためでした。

ここにトンネルを掘ってるらしい!!水を逃すためのものだそう。

そして右斜め前に!!見えた!!

南竜山荘とテント場です。少し登ったところがテント場の部分です。
ハイジの世界?なんだか海外の高原リゾートに来たみたいな、そんな気分♡

この南竜山荘の背後にはどーんと別山が構えているんですが、ガスで見えずです。

この辺までくるとエコーラインこっち!と左に曲がって登れとの標識がありますので、従ってつづら折りで花畑を登っていきます。

ここでは今クロユリがたくさん見られましたよ♡

なんと!クロユリと共に白い?黄緑の?クロユリ?が♡
バイモユリみたいな感じの色です。

でもクロユリと一緒にいるから、クロユリのアルビノでしょうか?かわいい〜♡

謎の行動をとる私w タスキがキラりw

ガスが猛烈に濃くなってしまい・・寂しい感じに。

晴れていればずっとなだらかに見渡せるのに。

7月21日現在、少しだけ残雪ありました。上を慎重に歩きます。

なだらかで、気持ちいい弥陀ヶ原にあがってきました。

 

弥陀ヶ原合流と五葉坂

ちらほら見えてたお花たちが、どんどん数が増えて種類が増えて・・

あっという間にお花畑の夢のような木道歩きに♡

凄すぎて、進めませんw

足元がこんなにカラフルなんて♡期間限定の贅沢♡

あぁ、ずっとここにいたい・・。

と後ろ髪ひかれつつも、お花の写真撮りすぎでだいぶ時間が経ってたので、このラスボス五葉坂に挑みます。

あ、正確には室堂からの最後の登りがラスボスなんだろうけど、基本的にみんなここが一番しんどいかな?と思います。

大きな岩ごろごろの中を直登していきます。道幅も狭め。お盆とかには渋滞になります。

でも、ここを登り切ればオアシスかのようにいきなり室堂が現れます!

 

室堂から山頂へ

室堂

五葉坂を登り切ると室堂どーん!

お花に彩られて、ででんと佇んでいます。

ここには友人も働いていて、とっても大好きな場所。

とても大きくて広いので、別記事で室堂についてお話したいと思います!

【日本三名山】開山1300年に湧く白山室堂はこんな感じになってます

ちなみに左に曲がると

トイレです。

なぜか100円のチップ入れがなくなっていました。

とっても古くて真っ暗のトイレです!あまり評判良くないらしいんですけど、それほど汚くないです!他の山によっぱど汚くて臭いトイレたくさんあります。

社務所

室堂と御前峰の間には今年から使われ始めた新しい社務所があります!
3年かけて建て替えました!去年はプレハブで営業してました。

お守りや奥宮のピンバッジなどなど色々珍しいものも売ってます。

そしてとってもいい香り!新しい木の匂いです!

 

最後の登り

社務所の外側はこんな感じ、そして後ろに聳える御前峰!

この最後の登りを頑張ると山頂です!

その道中もたくさんのクロユリをはじめとしたお花が咲き乱れます♡
登りはじめて振り返ったところ。

運が良ければオコジョにも会えます♡

30〜40分ほど歩くと山頂に到着します。

 

山頂(御前峰)

奥宮

山頂には、まず奥宮が。
みなさんここでお参りします。

おみくじもあります!

私は引いたことないんだけど、室堂のお友達が「ここのおみくじは辛口なんだよー!」って言ってましたw

眺め

これが御前峰からの眺めです。正面は大汝峰

左が油が池、右が紺谷が池でしょうかね。
去年が雪少なかったからか、まだまだ雪の残りが多いなあぁという印象。

隠れキャラ

うふふ♡

御前峰山頂には、隠れキャラが2ついます!!

観音様
少し危ないところにありますので、オススメはしませんが、見つけたらラッキー!

私は何度登っても亀が見つけられずにいましたが、今回室堂で働くお友達に教えてもらってやっと発見しました♡

ヒントは、奥宮から山頂標識を見てちょうど左右です!

 

この日はガスがもくもくで全然だったけど、天気が良ければ御嶽山北アルプスが遠くに見えます!

天気のいい日の写真がこちら

室堂越しの別山もとっても綺麗に見えた日ですね。

 

下山

この日はこれが限界でした!w

あとはすぐ目の前も真っ白な状態!

さてさて、かなりゆっくりしたのでノンストップ2時間を目標に下山します!

下りは最短ルートの砂防新道の一般ルートを下ります。
登りで使う方はこちらをご参考にお願いします!

 

弥陀ヶ原から黒ボコ岩

弥陀ヶ原の木道を軽快に小走りして、最後に振り返ります。いつもなら御前峰がどーんと見えます。

観光新道&砂防新道を登ってきて、ここに出るとおお〜♡となります。

そして、

観光新道と砂防新道の分岐です。

ここには黒ボコ岩というものがあって、白山が噴火したときに飛んできた岩がちょこんと鎮座しています。噴火のパワーすごいなあ。

登ってみました!

これから下る十二曲がりが見渡せます。

今の時期は本当に可愛いフラワーロード!!

こんな景色です。

 

十二曲がり

軽快に気持ちよく下っていきます!

すぐに右側に延命水

この辺が私は大好き♡

気持ちよくって足取りも軽くなります♡

そして、登りの南竜分岐にすぐに合流して、登ってきた道になります。

白山は下りやすいので、くだらない話をしながらルンルンと下山完了!

あ、一点!

最後の最後だけ、危険なので登りとは違うルートで迂回をして下らなければいけません。
歩いていれば看板で分かりやすく案内してもらえるので、安心です。

でも、この迂回路が道が細く切れている上に少し滑りますので、最後だからって気を抜かずにご注意ください♡

私は毎度、疲れている足を最後だからと雑に運び、滑って転びます(・_・;

 

その後

オアシス

別当出合に戻ってきたら、とっても冷たい湧き水が待っています♡

そして、行きにもお話した自販機!!ここで生き返ります♡

週末に来られる方はこの自販機の前あたりにバスが来ますので、待ちましょう〜。

道の駅瀬女

帰り道、道の駅瀬女に寄りました。

ここの蕎麦「山猫」がやってるキジトラコーヒー研究所。少し怪しい佇まいなんですが、普通に蕎麦もソフトクリームもとっても有名。これだけを食べにわざわざ来る人もたくさんいます。

キジトラのソフトクリームとコーヒーは18時近くまでやっているので、下山後のソフトクリームならここがオススメ!

そば茶ソフトが一番人気ですよ〜♡カプチーノ味もオススメ♡

 

出会った高山植物

今回出会ったお花たち。

すごい!!すごい種類ですね!!さすが花の百名山。

そしていい時期に行きました。

もう少ししたら、マツムシソウなども咲いてくるかなー。
お花に関しては、観光新道の方がさらにもっと凄いかなと思います。

 

まとめ

とっても長くなってしまいましたが、いかがでしたか?

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます♡

 

今回砂防新道+エコーラインのご紹介をしましたが、他にも観光新道や岐阜側からの平瀬道、元々の修験の道と言われる禅定道など色んなコースがあります。

また、登拝という意味では昔から3つの峰を信仰の対象としてきたので、今回の御前峰と合わせて別山、大汝峰と3つ合わせて登りお参りすることで三山登拝として、とてもご利益があるといわれています。

トレラン装備に近いUL装備で日帰りで三山登拝される方もいます!
うーん私も1日でも若いうちにやり遂げたい!

白山の麓に住み、白山を一宮として暮らしている私達なので、やっときたいなぁ〜!
目指せ満願♡

あ、別に日帰り目指さなくてもいいかw

 

 

旅行気分で金沢観光や白川郷観光を合わせて来られてもいいですね♡
また、ハクサン〜〜とハクサンの名が付くお花がたくさんの高山植物に関しても色々見てみると楽しいです♡

 

そんな感じで、以上!リリでした♡