【神秘的】これからピーク!裏磐梯の五色沼をお気軽山歩き【紅葉ハイキング】

【神秘的】これからピーク!裏磐梯の五色沼をお気軽山歩き【紅葉ハイキング】
Pocket

こんにちは、リリです!

 

明日からテント泊で女子6人で山旅の予定だったんですが、天候不順のためテント泊は中止。

みんなでせっかく楽しみにして時間を合わせていたので、代替案として、白馬村の森でコテージを1棟借りてみんなで過ごすことにしました。

もし天気が持ちそうだったら、紅葉の盛りらしい栂池自然園を散策してこようかな?

もっと天気がマシそうだったら白馬乗鞍岳や白馬大池まで足を伸ばしたいなー?と思ってます。

 

晴れろー!!!

 

さて三連休、東北へぶらり、わずかな時間でしたが旅してきました。

蔵王やキツネ村、日本三景の松島、仙台と郡山の繁華街などをまわって美味しいものをたらふく食べて来ました♡

 

そこで途中立ち寄った、裏磐梯の五色沼がとてもよかったので、ご紹介します。
(紅葉の目安として、行ったのは2017年10月9日です)

 

五色沼自然探勝路

裏磐梯を代表する五色沼湖沼群

 

五色沼といえど、20~30の沼があるそうで、自然探勝路を歩くと8つの沼を見ることができるそう。

素晴らしいのが、その其々の違った色!!

池&沼&湖好きの私にはたまらんものがありました。
北海道美瑛の青い池も素晴らしかったですが、こちらも素敵でしたよー。
普段山に登って色んな火口湖なんかも見ていますが、そんな私でも大満足のお散歩となりました。

四季や天候、時間帯などによっても見える色が違うので、また行きたいなぁと思います。

 

【公共機関を利用】
JR磐越西線猪苗代駅から磐梯東都バス休暇村・桧原行きで25分、五色沼入口下車。

【車を利用】

猪苗代・磐梯高原ICから国道459号線で25分。どちらかの駐車場に車を置き、バスを利用して戻る。
※五色沼入口、裏磐梯高原駅ともに定期バスがあり、夏はタクシーが常駐。

 

裏磐梯から五色沼の看板をたよりに、無料の駐車場へ。
4キロ程度(一般的に1時間半ほど)の一本道で周回ではないので、反対側からもスタートできます。
帰りに車まで戻る際は頻繁に出ているバスに乗るか、来た道を戻る。
ゴールにすぐ分かりやすくバスが来るので迷わないと思います。
大人片道250円らしいです。
私達は国道を歩いて戻りましたw
案内図。
赤いラインのところを沼を見ながら森の中を散歩します。
ビジターセンターや食堂、お土産やさん、ソフトクリーム屋さんなんかもあって、とっても賑わっていました。
すぐに一番手前の毘沙門沼という一番大きな沼があるんですが、そこでゆっくりしたりボートに乗ったりするだけの目的の方も多いようです。
毘沙門沼にはハートの鯉がいるそう!
探そうよーと言うと、大きな沼だから探してると日が暮れる!と言われちゃいましたw
毘沙門沼はこんなところ。
磐梯山も見えて、濃いみどりの美しい沼でした。
少し紅葉してて、さらに美しいです!
これからもっと、色づくのかな?
天気は残念なんですけど、降らなかっただけ有難い。
大体の方はここまでなんですけど、向かって右のボート乗り場の脇から自然探勝路へ入って行きます!

いざ、探勝路へ

すぐ脇に入っていくと初めは木の根の間を上り下りしながら、狭い登山道のようなところを歩きます。
すると、鯉がたくさんいる沼に。
でも、ここまだ毘沙門沼です。フレブルちゃんが鯉を眺めてて可愛かったです。
ハートの鯉ちゃん、いないなぁ。
歩きやすく整備された森を奥へ奥へ進んでいく感じ。
アップダウンもほとんどなく、天気がよければスニーカーでも大丈夫そう。
基本的に、各沼はそんなに人の手が入っておらず、木々の隙間から覗き込む感じのところも多かったです。
チラリズムってやつですね。
葉グリーン、紅葉オレンジ、沼ブルー。
よく見えるところには、沼の名前と探勝路のルートマップがそれぞれ建てられていて、大きな沼の前にはベンチもあります。
とっても親切。迷うこともありませんし、歩く目安もわかりやすいです。
このエメラルドグリーンの沼はみどろ沼
とっても歩きやすくて、でも程よい運動にはなるので最高ですねー!
次はどんな沼だろう?と楽しみにして歩くので、全然疲れることもありません。
アケビちゃん発見。美味しそう。
きのこちゃんも発見。これまた美味しそう。
お次はこんな大きなものが。たしか弁天沼
色もいいし、こりゃ青空で凪だったら相当綺麗だろうなぁ。
もう少し経てば後ろに並ぶ木々も色づくんでしょうか♡
想像するだけでたまりません!
バズーカ持って来ていた、おじさま。
後ろ姿、拝借しました。
やっぱり木々や手前の植物で、一望することはなかなか難しいです。
途中、こんな見晴台があったので嬉しくなって登ってみると・・
あれw 私の背が低すぎ問題?w
これ季節によっては手前の草さんたちがない状態もあるってこと?
と思って画像検索してみたけど、みんなこんな感じ。
背が大きかったり三脚持ってたらもうちょっと見えるかもですね。
沼の向こうには吾妻の山なみ。
同じ弁天沼。
光の角度によって全然違います。こういう木々の間からの碧が最高!
流れこみがありました!ここは青沼
低温の温泉だよ、って通りすがりのおじさまが言ってたけど。
ほほー。美しすぎるやないですか。
紅葉も相まって、最高です。
覗く木々の間をちょっと変えるだけで、こんなに表情が変わります。
水面すれすれの葉っぱが白化してるのがわかりますかー?
強い成分なんですね、生き物もいなそう。
反対側にはこんな渋い沼も。
上高地にもこんなところあったよね。
そして、最後に紅葉が一番素晴らしいという柳沼
これだけを見るには、私が歩いたルートのゴールである五色沼の西入り口である、裏磐梯高原駅に向かえば歩かずすぐにこの沼です。
そして、物産館に出てゴール
お土産や野菜の直売、工芸品などがあり、軽食コーナーもありました。
そして、私達はここから国道をトボトボ歩いて車まで戻りました。

まとめ

 

いかがでしたか?
紅葉と沼の碧さ、1時間の山散歩。
最高じゃありませんか?♡
近所にあったらなんていいんだろうー通うわー!って思いました。
紅葉のピークはこれから!是非是非まだ行かれてない方は、おすすめします。
帰りは喜多方らーめんで決まりですね( ´ ▽ ` )
消費カロリーより摂取カロリーを上回るw
以上、リリでした!