【福井】ゆりの里公園2017年開花状況を速報でお届けしまーす【プチ旅】

【福井】ゆりの里公園2017年開花状況を速報でお届けしまーす【プチ旅】
Pocket

こんにちは、りりです!

 

2017年6月13日に福井県にある、ゆりの里公園ユリーム春江に行って来ました。
ゆりの里公園公式HPはこちら

ユリの開花状況とともに福井へのプチ旅のご紹介ですー。

ゆりの里公園

ゆりの里公園は現在工事中

そのため駐車場が狭くなっていますが、向かいの大きな保育園の駐車場も開放されていて、少し待てば停めることが出来ました。

立派な施設が聳えています。福井すげー。

ゆりの里公園へは北陸自動車道丸岡ICから約20分。
地図はこちら↓

公園はまだまだ新しく、とても綺麗です。

芝生が綺麗に敷いてある公園スペースはこんな感じです。

とっても広くて走り回れるし、遊具も十分。
お子様とお出かけしても飽きずに楽しめそうです。

 

ゆり

ゆりは品種によって開花状況がまちまちでした。

でも圧倒的な本数!風にのってとっても良い香りがします。
私、元花屋なんですが、なんだかんだユリが一番好きなんですよね。高貴で香りも好み、お祝いにも弔いにも使えて、しかも球根!とっても良い子です♡

オレンジのこのコーナーは、あともう一歩ですね。

後ろに重機と工事現場が丸見えなのは雰囲気ぶち壊しで、ちょっと残念です。

深い赤色の珍しいユリはまだまだこれからです。
こんな濃い色の子の蕾が全部開いたときは、一体どんな感じなんだろうー!

きっとすごい迫力ですよね!

密集率がちょっと気になります笑

こちらのピンクはもう盛り!

こんなに咲いてるともう、ユリの上品さも霞みます笑
でも、こんなに密集してたくさん見られて香りを楽しめて、ありがたいことです♡

でも窮屈そうでかわいそうな気分になってきたので、なるべく一本ずつに視線を向けて楽しむ方向へ笑

ちなみに去年はダイナランドゆり園へ行きました。
スキー場一面に様々はユリが咲き乱れ、ゆりソフトクリームも売っててオススメです。

バラなど

ユリ畑の脇にはバラ園?バラ遊歩道?も。

終わりかけだったけど、バラもまだ頑張ってました!

フレンチ&イングリッシュ系が多く、回遊庭園風?になってるのでとっても素敵でした。
バラだけじゃなくって、小さなものから大きなものまで、色んな他の植物と合わせて植えられています。

私の住むところのバラ園は品評会のように整然とバラだけがひたすら並び、品種名の看板が立っているんで、こんな感じいいなぁ♡

アーチに仕立ててある部分も数カ所ありました。

端には次の主役の紫陽花がスタンバイしていました。

斑入りのギボウシ、爽やかで大好きだなぁ。

 

 

直売所など

 

ユリをはじめ色んな切り花がお安く売られておりました。
迷わずユリを大量に購入してきました♡

保水は何かして頂けますか?と聞くとビニール袋に氷を入れて持たせてくださったので、車に戻ってティッシュで切り口を巻き、そのビニール袋で包みました。

他にも地のお野菜やお肉、お米や調味料など色々あってとっても賑わっていましたよー。

日曜日だったので、近未来的なホールの方では、ワークショップがたくさん開かれていました。

寄り道

ヨーロッパ軒

ゆり園に行く前の腹ごしらえは、ヨーロッパ軒のソースカツ丼を。

福井って数え切れないほど行ってますが、いつも食事に悩みますw
で、結局ソースカツ丼にしとく?となるパターンが多い。

登山を生きがいとしている私は、おかげさまで日本三大ソースカツ丼制覇しましたw
アラサー女子、平気で好物はカツ丼です!と言えるようになりました♡w

谷口屋

全国からお取り寄せが殺到している谷口屋にも寄ってきましたよー。
こちらは、とっても美味しいお揚げ屋さん
それはもぅ、感動ものの美味しさで、分厚くてきめ細やかな(550円もする)お揚げさんです。

こちらでは、お揚げを使った定食も食べられて、直売コーナーもあります。
どちらも休日には大変混んでいるので心していきましょうw

 

まとめ

いかがでしたか?

ゆりの里公園のユリたち、これからまだしばらく楽しめます!
天気のいい日に是非行かれることをオススメします♡

余談ですが、私の名前「りり」もユリが好きなことから来てるんですよー。
今では生きがいとなっている登山、初めて登った山で出会って感動してどんどん山にハマるきっかけになったのもヤマユリ(ササユリ)でした。
そーいえば結婚式のブーケもカサブランカだけのキャスケードでした。
昔からユリ大好きで、花屋で勤める経験を経てからもその想いは変わりません。

 

天気のいいこんな時期は、次々にピークを迎えるお花たちを追って、お出かけするのがオススメです。

お花プラス、その土地の名物料理や名産品を絡めて訪れると更に楽しいですよね。
以上、りりでした!