【ホテル朝食】リッツカールトン京都の朝食、和朝食/洋朝食こんな感じでした

リッツカールトン京都は、朝食が美味しい&レアなことでも有名。
どんな朝食なのかとても楽しみにしていました。
パンはピエールエルメが作る焼き立て!
和食は朝からお刺身や和牛すき煮!
和朝食/洋朝食それぞれお願いして堪能してきましたので、レポします♡

今回、朝食レストランは地下の和食&鉄板焼&寿司【水暉】。
地下は大きく吹き抜けになっていて、窓もたくさんあって地下感はありません。
でも館内全てが照明を落として間接照明を効かせてるので
朝でも、こんな感じ。

大きな装花がお迎えしてくれました。
レストラン内はとっても広く、席の間隔も大きく
壁や天井、照明に椅子まで伝統工芸の技術が散りばめられていて
目にも幸せな贅沢な空間。
そして地下なのに一面大きな窓となっています。

洋朝食

洋朝食はとにかくお洒落♡
目が喜ぶ、こんなプレートから始まります。
色んな種類のチーズやハムが少しずつ。
カップの中はサラダです。

そしてなんといっても有名なのが、これ!
ピエールエルメ製のクロワッサンです。
たくさん持ってきてくださるので、好きなものを好きなだけ選びます。

シンプルなクロワッサンに、パンオショコラ、そしてイスパハン!
このイスパハンは赤いマカロンが乗ったフランボワーズのジャム入りのもの。
本場パリでも2店舗でしか提供しておらず、大人気の逸品です。
それがなんと日本で唯一、ここリッツカールトン京都で頂けます♡

ちなみにその隣のは、洋梨バージョンです。
あぁ、全部食べたい…♡

燻製トリオも登場しました。
カリカリすぎるベーコン!ソーセージもたくさんハーブ入ってました。

そして卵料理もリクエストをそっと聞きに来てくださります。
流石のリッツ、どんなリクエストにも答えてくださります!
今回はマッシュルームとチーズを入れたオムレツを作っていただきました。
もちろんエッグベネディクトやスクランブルエッグなど色々選択肢があります。

最後は動画にしか残ってなかったので、画像はありませんが
季節のフルーツを盛り合わせで持ってきて頂けます。
どれも非の打ち所がなく、スタッフの方の柔らかかつテキパキしたサーブも含め、完璧でした。

和朝食

多分、洋朝食の方が人気だと思いますが、和朝食も負けてません。
最初にショットグラスに入った真っ赤な紫蘇ジュースが「目覚めの一杯」として登場し
その後、優しい味付けのお豆腐が蓋付の碗で登場。
この辺は動画でご確認頂けますと嬉しいです。

そしてこのお膳が運ばれてきます。
温泉卵が宙に浮いてます…!
2段のお重には刺身や和牛、いい鮭←
そしてご飯に合う系のみんなが勢揃い。
ちりめん山椒、和牛のすき煮の下には湯葉と京都らしさもさりげなく。
飯碗が真っ白なことに少し驚きました!
潔いし、清潔感もあるしアリですね。
全体的に想像よりも器が控えめで、豪華絢爛キンキラキン♪って感じではなかったです。
でも今どきっぽくてモダンな印象を受けます。

味は、もちろんどれも美味しかったです♡
薄味育ちなので、味の濃さもちょうど良かったし、上品な出汁が効いてました。
いい鮭ってすぐに分かるんですが、いい鮭でしたねー(笑)

そして水菓子のシャインマスカットが
ちょうどいい甘さとシャキシャキ感で最高でした。

この朝食も含めてリッツ京都!って感じですね。
素泊まりは勿体なさすぎます。
朝食料金的には5500円みたいですね。

チェックアウト

前記事からの宿泊記でしたが、チェックアウトとなりました。
どこにも不満のない、心から安らげる滞在となりました。
また泊まれるように頑張ろう〜♡



コメント

タイトルとURLをコピーしました